虫歯治療

  • トップページ
  • 診療コンセプト
  • スタッフ紹介・研究内容
  • 医院案内

虫歯の再発を防ぐ治療

従来の虫歯治療では、金属の詰め物や被せ物の治療をしても、5~6年以内に虫歯が再発するケースが多く、再発を繰り返しているうちに、歯が脆くなってしまい、最終的には抜歯するのが一般的でした。

そこで当医院では、虫歯治療の革新的な方法として、原因菌の除去を重点的に行っています。虫歯の原因となっている細菌を徹底的に除菌し、歯面を接着材で確実に封鎖。さらに脆弱になっている歯質にフッ素を用いて虫歯菌が出す酸への耐性を持たせることで、治療後20年以上再発しない治療を可能にしました。

恵愛歯科が考える虫歯予防

発症予防と再発予防

これまでの虫歯治療時の修復においては、どのような素材を用いて患部をどう補うか?が注視され、予防の概念が忘れ去られている傾向にありました。すなわち、虫歯の予防は治療と切り離して考えられていたのです。
しかし虫歯が再発する原因の多くは、口腔内の細菌を繁殖させてしまったことなのです。つまり細菌の繁殖と関係性が強い食生活やだ液の状態などを含む口腔内環境と、咬んだときに歯や修復物にかかる力にこそ目を向けなければならないのです。

当医院では病気を未然に防ぐために予防があって、それが失敗したときの後始末として治療があるのではなく、歯科治療全体が広い意味での予防的行為であると認識しています。つまり修復治療においては虫歯を発症させないこと(発症予防)と、発症してしまった虫歯を再発させないこと(再発予防)の双方から「予防」を考えます。

他院で(詰め物などの)治療を受け、再発してしまった方にも「再発しない治療」をご提供します。虫歯にお悩みの方はぜひ当医院までご相談ください。