診療案内

  • トップページ
  • 診療コンセプト
  • スタッフ紹介・研究内容
  • 医院案内

恵愛歯科の診療科目

接着歯科

治療後二次う蝕(虫歯の再発)やセラミックの破折などのトラブルを大幅に低減するために接着修復を行います。当院ではトラブルのリスクを最小限に抑えることに成功しており、10年以上の保証をお付けしています。


虫歯治療

虫歯菌に冒された部分を除去して、詰め物や被せ物で補う治療を行います。当医院では、歯面を接着材で封鎖し、脆くなっている歯質にフッ素を用いることで、治療後20年以上再発しない治療を可能にしました。

歯周病治療

歯周病菌に冒された歯周組織に治療を施し、健康な歯ぐきを取り戻します。当医院では患者さまの負担の大きい外科的処置ではなく、内服薬による内科的治療法で治癒しています


ページトップへ戻る

矯正治療

なるべく歯を抜かない非抜歯の方法を採用し、患者さまの大切な歯を残す矯正治療に努めています。治療後に慢性的な肩こりや頭痛などが起こらないよう考えた矯正治療を行っています。

審美治療

当医院ではADゲル(歯科用接着剤)を用いて、歯と修復物をしっかり接着させることに注力したセラミック治療を行っています。これにより、欠けにくく長持ちするセラミック製の詰め物・被せ物を使えるようになりました。


インプラント治療

あごの骨に埋め込んだ人工歯根で人工歯を安定させる補綴治療です。当医院では、被ばく量が一般的なものより格段に少ないCTを導入して、診断からシミュレーションまで立体化したデータをもとに検討してから人工歯根を埋め込んでいるため、治療の成功率が高くなっています。


ページトップへ戻る

トラブル歯の修復

歯の破折、詰め物・被せ物の脱落、虫歯の再発、それにともなう歯の神経の露出による痛みなどの修復を行う治療です。当医院では抜歯のリスクを避け、できるだけ歯の神経や歯を残すことを目指しています。他院で抜歯するしかない、と宣告された方も一度ご相談ください。


口臭の治療

当医院では薬を使った歯周病治療によって口臭を解消します。外科的な方法では歯周病菌の完全な除菌は困難でしたが、内科的歯周治療なら1~2週間で歯周病とともに口臭がなくなります。副作用や危険もほとんどありませんので、口臭や口腔内の出血に悩まれている方は、一度お試しください。

金属アレルギー

金属アレルギーの方のために、金属不使用の詰め物や被せ物を取り扱っています。また、大きな崩壊をした歯の修復にはセラミックや樹脂を使用しますので、金属アレルギーを起こすことがなく、審美的にも優れた仕上がりになります。

ページトップへ戻る

入れ歯

当医院では製作法を工夫し、10年以上の耐久性を持つ入れ歯の製作・装着を可能にしました。遠方の患者さまにも極力少ない来院回数(4?5回程度)で、満足いただける入れ歯を製作しています。

顎関節症

原因不明の肩こりや頭痛、手のしびれ、関節の痛み、口が大きく開けられない、口の開閉時に音がする、などの症状は、顎関節症の恐れがあります。特に奥歯の抜歯をともなう矯正後にこのような症状が認められることが多いようです。原因を追求し顎関節症の治療を改善する治療を行っています。

予防歯科

口腔内状態を検査し、さらに位相差顕微鏡などによって詳細を把握し、患者さまごとに最適なメインテナンス計画をお作りします。患者さまに現在のお口の状況をご説明しながら、二人三脚で確実に予防します。

知覚過敏

強い力でのブラッシングなどにより、歯の神経が炎症を起こしてしまうと、冷たい水や熱いお湯が歯にしみてしまいます(知覚過敏)。当医院ではまず原因の診断を的確に行って、炎症を抑え細菌を除菌し、さらに象牙細管のシールを確実に行います。

ページトップへ戻る

当医院で使用する治療薬剤

ADゲル

当医院の院長は、ADゲル(10%の次亜塩素酸を含む接着補強剤・殺菌剤)を開発し、特許を取得しています。液体の薬剤とは違いジェル状なので、歯面に留めておくことができます。一般的な液体の薬剤よりも格段に殺菌力に優れています。さらに、治療時に飛び散ることがない、また白色をしているため皮膚に付いてもすぐ識別できる、などの利点があります。

接着力の増強、露出歯髓面や感染根管内の殺菌に効果的で、また知覚過敏や虫歯初期の白濁面の殺菌にも有効であるなど、虫歯治療には欠かせない材料です。

3mix(※)

露出した歯の神経や感染した神経を除菌し、健康な歯の神経に戻すのに有効な薬剤です。また、感染根管治療においても同様の効能があり、これまで治らなかったような歯髓や感染根管の治療にも効果的です。

※3mix・・・除菌するため3種類の抗菌剤をミックスしたものが、通常3mixと呼ばれています。

ジスロマック

細菌を殺菌するお薬です。進行した歯周病でも、患部に投薬することで、1~2ヶ月後には出血、膿、腫れ、口臭などの症状が改善し、1年以降にはあごの骨の再生も認められています。

※むやみに使用すると耐性菌ができて抗菌剤が効かなくなることがあるので、投薬は1回を原則としています。

ページトップへ戻る