ドクター柏田の補綴修復治療

  • トップページ
  • 診療コンセプト
  • スタッフ紹介・研究内容
  • 医院案内

詰め物・被せ物には問題があります

被せ物や詰め物が取れてしまった経験はありませんか?
せっかく修復したのにもかかわらず、虫歯が再発したり、歯が折れたり、修復物が脱落したりするトラブルは珍しいことではありません。治療→再発を繰り返した結果、歯を抜かなければならなくなることも往々にしてあるのです。

なぜ治療したのにまた悪くなるのか

以前まで、治療後の再発は修復物の劣化が原因であると考えられていました。長年にわたる使用によって修復物のセメント質が溶けだし、歯と修復物との間に隙間ができ、そこに虫歯菌が侵入して再び虫歯になる(二次う蝕)という見解が一般的でした。しかし、当医院は多くの臨床経験及び観察するうちに従来の見解が間違いであることに気づいたのです。

そもそも修復物は本物の歯よりも硬くできており、硬さが違うためにものを咬んだときのクッション性が異なります。つまり、修復物のセメント質が溶けださなくても、咬んだときの歯と修復物とのひずみ方が違うために、虫歯菌が侵入できる隙間が生じてしまっていたのです。

このような隙間ができないようにするには、歯と修復物の境目を確実に封鎖し、恒常的に「咬む」力を受けても隙間ができないよう強固に接着することが必要です。確実な接着修復による治療を行うべく、原因除去療法と接着技法を独自に開発しました。

ページトップへ戻る

接着修復で健康な歯を長く保ちましょう

当医院では、虫歯治療やセラミック治療時にADゲル(次亜塩素酸ナトリウムゲル)を用いて歯を殺菌・消毒し、修復物(詰め物・被せ物)との接着力を安定させています。
これにより虫歯の再発(二次う蝕)や歯の破折などのトラブルはまれにしか起きなくなり、治療した歯が長期間の使用に耐えられるようになりました。以下では接着修復で得られるメリットをまとめてご紹介します。

セラミックの「欠けやすさ」をカバー

歯の色に合わせて自然な見た目の修復物を作れる歯科素材「セラミック」。歯の色や形に合わせた詰め物や被せ物を作製でき、美しい見た目が手に入ります。

インプラントは最終手段。自分の歯が大切です

歯の破折、被せ物の脱落、虫歯、それにともなう歯の神経の露出による痛みなどトラブルが起きた歯はすぐに抜いてインプラント治療を行うことが多いようですが、まずはインプラント以外の治療をすることによってできるだけ長持ちさせ、将来「もう限界」という状況になってからインプラントにすべきであると当医院は考えます。

抜歯と診断された歯も救います

これまで抜歯と診断されてきたような症例でも、接着とADゲル法によって再度使える状態にまで回復できるようになりました。もう抜歯をせざるをえないと宣告されたが、それでも歯を抜きたくないと思う方は一度ご相談ください。

虫歯などの修復治療に「接着」を用いなければ、歯を長期的に維持することは難しいといっても過言ではありません。

他院で治療して再発した方が多く来院されています

他院で治療した後にトラブルを起こした歯の治療は、当医院の治療全体の6~7割に及んでいます。全国どこへ行っても助けることができない歯を、なんとかして救いたいと当医院は考えています。

歯周病でもあきらめないでください

歯周病にかかり抜歯と診断された歯でも、歯を残したまま再び咬めるように治癒できる場合があります。グラグラしている歯でも、一度診査してみる価値は充分にあります。歯は一度抜くと生えてきません。あきらめずに一度当医院にご相談ください。

ページトップへ戻る

恵愛歯科の補綴修復における10のポイント

1.虫歯や歯周病のリスク診断のために、専用キットを用いて精度の高い治療計画づくりに活用しています。2.予防的手段を用いて口腔内のリスクを最小限に抑えています。3.歯の神経はできるかぎり残します。4.なるべく歯を削らない治療を行います。5.不必要な歯の土台は作りません。6.土台を作る場合は本物の歯に近い仕上がりにします。7.修復物を作る場合は本物の歯に近い仕上がりにします。8.歯科用接着剤を使用する際は事前に汚染面の清掃を徹底します。9.修復物と歯の間の接着は強固にします。10.接着修復を行った場合に不具合が起きてもダメージを最小限に抑えます。

自費治療の保証期間について

保証書当医院では、虫歯などの修復治療を行った歯の二次う蝕(虫歯の再発)やセラミックの破折などのトラブルはほとんどないため、治療に対して10年以上の保証をお付けしています。

当医院で治療済みの歯が破折や落下などのトラブルを起こした場合、無償で再治療します。

保証期間

詰め物(金属・ポーセレン) 15年間
被せ物(金属・ポーセレン) 15年間
インプラント治療 10年間

保証対象

当医院で修復した詰め物・被せ物・インプラント

保証条件

最低半年に1回(程度により異なる)、検査・処置・調整などのメインテナンスを受けられていること

ページトップへ戻る